アミノ酸系洗浄成分の種類は?

アミノ酸系洗浄成分の種類は?

アミノ酸系洗浄成分の種類

グルタミン酸と同様に良く使用されている洗浄成分としてはアラニンKがあります。

 

アラニン系の特徴としては、グルタミン酸系と比較するとしっとりさせる効果は落ちますが、その分髪の毛をサラサラにするといった効果を持っていることです。

 

次に、ココイルグリシンKがあります。

 

グリシン系の洗浄成分の特徴としては、石けんににた洗い上がりのさっぱり感があるところです。

 

アミノ酸系シャンプーに関しては洗浄効果は落ちるといった特徴を持っているのですが、グリシン系が使われているアミノ酸系のシャンプーは洗い上がりがさっぱりとしている特徴があります。

 

基本的にメインの洗浄成分ではなく、補助の洗浄成分として使われることが多いのがグリシン系の特徴です。

 

最後にラウロイルアスパラギン酸Naと言う成分ですが、この成分は脂肪酸とアスパラギン酸をかけあわせている洗浄成分になります。この洗浄成分の特徴としては髪の毛にカラーを入れている人に向いている洗浄成分です。

 

 

▲アミノ酸系洗浄成分の種類は? 上へ戻る
アミノ酸系洗浄成分の種類は? page top