バリア機能が低下していると化粧水がしみてしまう

バリア機能が低下していると化粧水がしみてしまう

バリア機能が低下している

洗顔後は肌が無防備な状態なので、洗顔が終わったらすぐにスキンケアを始めなくてはいけませんが、一般的には一番最初に使うのは化粧水でしょう。

 

普通のお肌なら、洗顔で潤いが不足した状態になっているのですから、化粧水をつけるとそれだけで潤いが与えられるので気持ちいいと感じるものです。

 

ですが、中には化粧水をつけたらヒリヒリしたり、肌にしみるような痛みを感じるという方もいます。

 

ほとんどの化粧水は主成分が水なので、健康な状態であればヒリヒリとしみるようなことはありませんが、それがしみて痛いということは肌が乾燥していたり、バリア機能が低下していることが考えられます。

 

もちろん全員に当てはまることではありませんし、中には化粧品の成分が肌に合わないということも考えられるのですが、多くの場合肌のバリア機能が低下して化粧品に含まれる成分が肌への刺激になっていることが原因です。

 

バリア機能の役割と言えば、外部の刺激から肌を守ったり、肌内部の水分を蒸発させないということが挙げられますが、角質層が乱れていて乾燥した状態になるとバリア機能が衰えてしまい正常は働きをしなくなってしまいます。

page top