ノンシリコンのシャンプーが数多く発売されるようになった?

ノンシリコンのシャンプーが数多く発売されるようになった?

ノンシリコンのシャンプー

最近は、ノンシリコンのシャンプーが数多く発売されるようになりました。

 

シリコンは、髪の毛の手触りをよくしたり、表面をコーティングしてダメージを隠す働きをしてくれます。

 

ただ、こういった働きがあるため、毛穴の詰まりを引き起こしたり、髪のキューティクルを修復出来なくしてしまうのです。

 

ノンシリコンシャンプーは、シリコンが配合されていないので、髪本来の力を取り戻して、健やかで強い髪の毛にしていくことが出来ます。

 

その代わり、使い始めは髪が軋んだり、手触りがごわつくという状態になりやすいのですね。

 

ノンシリコンシャンプーは、そんなノンシリコンシャンプーのデメリットを、13種類の植物種子エキスでサポートしてくれます。

 

抗酸化力に優れているダイズ種エキスや保湿効果の高いハトムギ種子エキス。

 

収れん作用や抗糖化作用を持つセイヨウトチノキ種子エキス、髪にハリとコシを与えるユズ種子エキス。

 

ポリフェノールを豊富に含んだアセロラ種子エキスなど、保湿効果やダメージの修復効果が高い合計13種類の植物種子エキスが、シリコンの代わりをしてくれるのです。

 

もちろん、すべて天然由来の植物種子エキスなので、髪の毛に負担をかけることはありません。

 

だから、洗い上がりも、シリコン入りシャンプーと同じように、軋まずに滑らかな指通りになるのですね。

▲ノンシリコンのシャンプーが数多く発売されるようになった? 上へ戻る
ノンシリコンのシャンプーが数多く発売されるようになった? page top