アトピーは年齢が増えることで解消することや悪化することはあるの?

アトピーは年齢が増えることで解消することや悪化することはあるの?

アトピーは年齢が増えることで解消するの?

肌は、当然のように何のトラブルもなく存在している体の一部という感覚で、成長して来たのですが、学校のお友達にアトピー性皮膚炎を患っている子がいて、一緒に遊んだり仲良くして行く内に、その疾患の大変さと肌の構造のデリケートさを思うようになりました。

 

そのお友達は、肌を人に見せる事を嫌い、学校では皮膚疾患がある事を理由に特別に許可を頂いて、年中長袖の制服を着ていました。

 

学校が終わって遊ぶ時に着る服もいつも長袖で、夏は暑そうでした。その理由を自分から教えてくれたのですが、何でも幼少期に親御さんから、人前で肌を見せると感染する皮膚病と思われるからと、長袖の着用を勧められたそうです。

 

今でこそアトピー性皮膚炎は、その症状を見ればほとんどの人がそれを理解できると思いますが、当時はその知識も理解も一般的には薄く、誤解や偏見を恐れての親御さんなりのご配慮だったのだろうと思いました。

 

そのお友達は頻繁に、長袖の上から皮膚を痒そうにかいていました。また、半袖の季節になると、「どうして長袖を着ているの?」と毎年のようにクラス替えで新しく出会ったお友達に聞かれていました。その度にアトピー性皮膚炎について説明していました。

 

そのお友達は、人の気持ちがよくわかる子で、楽しい話が好きで笑顔が絶えない子で、その明るさは接していて救いでした。子供に、肌を隠すまでの症状がある疾患を持つ事は、成長期においてとても大きな影響があると思いました。

 

アトピー性皮膚炎は、幼少期に発見される事が多いそうなので、成長に良くない影響を及ぼさないような配慮が、マニュアル化されてはどうだろうかと思いました。大人になって改善した場合でもシャンプーは刺激が少ないタイプのシャンプーを使用するとよいでしょう。刺激が少ないタイプだとアミノ酸系ではグルタミン酸が良いと言われていますが、肌にかゆみが出る場合もあるのでアラニン系のシャンプーを使用すると効果的です。

▲アトピーは年齢が増えることで解消することや悪化することはあるの? 上へ戻る
アトピーは年齢が増えることで解消することや悪化することはあるの? page top