アミノ酸シャンプーの泡立ちは悪いの?

アミノ酸シャンプーの泡立ちは悪いの?

アミノ酸シャンプーの泡立ち

アミノ酸シャンプーは、泡立ちが悪いのもありますが、ベタイン系と呼ばれる泡立ちが良い洗浄剤をうまく組み合わせて良くしているシャンプーが主流となっています。

 

また酸性度が増すにつれて泡立ちも良くなるアスパラギン酸などを使用したりバランスの良いシャンプーが増えてきています。

 

洗浄剤によって大きく質感とかも異なっているのでメーカーが違うシャンプーでも使用している洗浄成分が似ている場合同じ使用感になりやすいと言う特徴もあります。

 

エキス類などの宣伝は多いですが、シャンプーでは洗浄剤と水がほとんどを占めているので、その分ここの部分が同じ様な構成だとやはりエキス類に違いがあっても実際使用すると同じ様なシャンプーが多いです。

 

今ままでは防腐剤が配合されていないと詰め替え用とかエコパックなどの製品は難しかったですが、技術改良によってエコパックや詰め替え用でも防腐剤が少ない傾向にあり、より頭皮に優しいシャンプーが多くなってきました。

 

高級アルコール系の一発の仕上がりの良さに圧倒的にかなわなかった面が多かったですが、最近ではより使用感の良さ、仕上がりの良さに満足出来るのがアミノ酸シャンプーです。

▲アミノ酸シャンプーの泡立ちは悪いの? 上へ戻る
アミノ酸シャンプーの泡立ちは悪いの? page top